地元産のニンニクでスタミナつけよう

2013年08月5日

ふくやま・福山北地域女性部ニンニク収穫 地元産のニンニクを使って焼き肉のタレを作ろうと、JA福山市の福山北地域女性部は3日、役員6人がニンニク350個の収穫作業に励んだ。1本ずつ丁寧に抜き取ると、直径8センチほどに成長したニンニクが顔を出し、ニンニク特有の香りが畑に広がった。収穫した30キロのニンニクは、10球ずつひもで束ねて乾燥させ、6月下旬から各支部で行なう焼き肉のタレ作りに使う。タレ作りには、各家庭で育てたタマネギも使う。できたタレは、各家庭で味わう他、11月に開かれる「JAフェスタ」で販売を予定。
 女性部では、毎年夏に支部ごとに焼き肉のタレ作りを行う。部員からの声で地産地消にこだわりニンニク栽培を始めている。
 入江直美部長は「安全な自家製ニンニクでスタミナをつけて、暑い夏を乗り切りたい」と笑顔で話した。

輝く女性を目指して「いきいきレディースカレッジ」がスタート

2013年06月12日

ふくやま・いきいきレディースカレッジJA福山市は、管内在住の女性組合員に学びながら仲間づくりができる場を提供するため、女性大学「いきいきレディースカレッジ」を開校。「お片付けレッスン」「デジタルカメラ講座」など、来年2月まで全10回開く。同JA女性部は、若い女性リーダーの育成に力を入れ、同大学の立案づくりから参画している。昨年卒業した1期生の中には、新たに女性部活動へ参加するなど、仲間づくりの輪も広がっている。
 5月中旬、神辺JA会館で開いた入学式には、福山市や府中市、神石高原町から40~60代の46人が参加。学長のJAの佐久間建弘組合長は「講座を通じて、新しい仲間と楽しく学びながらやりたいことを見つけることで、JA運営への女性の参加・参画につながる大きな力となってほしい」と期待した。入学生を代表して、同市草戸町の石橋京子さん(52)は「カリキュラムで学ぶことを日々の生活や地域で生かせるよう、精いっぱい取り組みたい」と決意した。

JAへの理解を深めるために

JA広島市レディースクラブ己斐支部17人は17日、広島市の同JA指定業者パナホーム株式会社住まいとくらしの情報館、インテリア家具を扱う株式会社二興と家電量販店の株式会社エディオンを訪れた。JAの総合事業を理解しようと4年前から事業施設の視察を行っている。特別なものを購入する時に相談できる場所を知っておこうとこの3か所に決めた。
 土鼻邦子支部長は「孫に机を購入する折、支店長からメーカーを紹介してもらい良いものが割安で手に入った。一度訪ねたところには安心して相談できるし、知人にも紹介できる」と話した。
  

春の共同購入商品説明会で協同組合運動の拡大 JA福山市沼隈グリーンセンター

2013年05月2日

 JA福山市沼隈グリーンセンターはこのほど、沼隈農協会館でAコープ商品の春の共同購入運動商品説明会を開き、女性部員64人が参加。JA全農ひろしまから共同購入運動の歴史や13年度のAコープ新商品のほかひろしまの柑橘果汁入り愛飲運動などの紹介があった。併せて、各メーカーから商品の紹介と料理方法の説明も行った。同商品説明会は、JA総合事業や生活文化活動などの説明や即売会も行い特徴的である。
 参加女性部員は「商品の説明だけでなく、JAの事業についての話もあり、毎回楽しみにしている」と話す。高田幸治沼隈グリーンセンター長は「共同購入運動の商品説明会を通じて、協同組合運動の拡大に繋げたい」と話す。

女性部総代会開催

2013年05月2日

JA三次女性部はこのほど、三次農協会館で第22回総代会を開いた。女性部総代、役員など130人が参加。役員改選で、女性部長に平律香氏を選任した。2012年度の活動報告・収支報告の後、13年度の活動計画・収支予算などを承認。13年度は、「JA女性心をひとつに今をつむぎ次代へつなごう」をスローガンとする今後3か年計画を策定し、10年後のありたい姿のために、JAと二人三脚で地産地消運動・食農教育・環境保全・健康管理活動など取り組む。総代会後の研修会では、同JAの新田靖副組合長が、TPP交渉の現状やJAグループの取り組み、JAの中期3カ年営農振興計画について説明した。参加者は今後の組織活動の在り方などを学んだ。

BACK NUMBER