女性部合併10周年/JA呉

2014年02月19日

JA呉女性部は1月31日、本店で「JA呉女性部合併10周年記念大会」を開いた。2003年にJA呉・JA能美島・JA江田島・JA切串の4JAの合併に伴い、各JAの女性部も統合。現在JA呉の女性部は23支部で構成し、女性部員約100人が参加。
 ファイナンシャル・プランナーの髙橋佳良子さんを講師に迎え「これからをより良く生きるために」と題して、エンディングノートと相続に関する講義を受講。髙橋さんは、医療と介護の実情について自身の経験を交えながら話し、エンディングノートの書き方や遺言作成のポイントを説明した。相続税や贈与税に関しては、「教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置」の適用にあたって特に気をつけるべきことや、2015年からの相続税に関する基礎控除の引き下げについて、現行と改正後の比較を交えて分かりやすく説明した。女性部員たちは、熱心にメモをとっていた。
 講義の後は、仮装借り物パレードやわなげを使ったゲーム、ジャンケン大会などで盛り上がった。仮装借り物パレードは、各支部の代表者が出場し、引いたくじの指令に従って侍や水兵、ひょっとこなどに仮装したうえで、女性手帳やマフラーを会場から借りて会場内を練り歩いた。それぞれにユーモアのあるパフォーマンスで会場を沸かしていた。
 上本江美子女性部長は「合併から10年を迎えたことは感慨深く、JA呉の元気な女性部をこれからもますます盛り上げていきたい」と意気込んだ。 
呉・女性部大会

BACK NUMBER