酒河小学校、豆腐づくり

2014年02月19日

三次市立酒河小学校の4年生27人はこのほど、ちゃぐりんキッズクラブで豆腐づくりを体験した。児童らは、JAの生活担当者から調理の説明を聞き、大豆加工品について学んだ後、JA三次女性部酒屋支部メンバーや保護者の協力を得ながら「おぼろ豆腐」や「おからドーナツ」を作った。完成した豆腐は栽培に携わった関係者全員で味わい、感謝の言葉を伝えた。4年生は、JAが取り組む「ちゃぐりんキッズクラブ」を年間14回行い、古代米や大豆、サツマイモを栽培してきた。生産から加工・販売まで一連の体験を通じ、食と農に理解を深めている。
三次・ちゃぐりんキッズ 豆腐づくり

BACK NUMBER