女性の声をJA運営に反映させていこう! JA広島県女性部大会

JA広島県女性組織協議会は、令和2年2月21日広島市のJAビルにおいて、第63回JA広島県女性部大会を開いた。

女性部員や関係者ら300名が参加。

3カ年計画「JA女性 地域で輝け 50万パワー☆」の実践と、持続可能な開発目標

(SDGs)の理解を深めることなどを盛り込んだ大会宣言を採択した。

JA全中営農・くらし支援部青年女性対策課の臼井稔課長が「女性のJA運営への参画をすすめよう」と題して4JAの事例を挙げる等の講演内容で、「女性に見放されたJAに未来はない」と女性総代・女性理事の必要性を強く訴えた。

県女性部大会初めての試みとして、5JA女性部有志によるアトラクションもあり、地域や食を題材にした寸劇、日本舞踊、フラダンス、コーラスなど日ごろの活動成果を披露した。会場は笑いと女性部パワーに包まれ、活動を通じて地域、仲間づくりの大切さを訴えた。

 

★アトラクション★

1.「雅の舞」JA広島中央女性部 郷田支部

2.「佐木島の四季」JA三原女性部 島しょ部ブロック 佐木支部

 

3.「フラダンス・南京玉すだれ」JA尾道市女性部 グループ活動2チーム

4.「JA広島北部 お米さんありがとう音頭」北部坂46

5.「フラダンス&コーラス」JA庄原女性部 庄原支部

 

 

 

BACK NUMBER