レディースのつどい開催

広島市・レディースのつどい① JA広島市レディースクラブは15日、広島市内で「レディースのつどい」を開いた。1200人が出席し、各支部の舞台発表や体験発表、『家の光』を活用した手芸作品の展示なども催され会場を賑わせた。同つどいは、会員相互の親睦を深める場として、2001年から毎年開き今回で13回目。後藤奏苗会長は「会員自らが輝き、一人ひとりの小さな力を結集し大きな力に変えて、私たちの活動が次世代につながるよう取り組んでいこう」と呼び掛けた。
 体験発表では己斐支部の土鼻邦子さんが地域や支店の支えに感謝の気持ちを込めて「『支え合い』の関係づくりを目指して」をテーマに発表。伴支部の原田寿美子さんは「百円で始まる つながる 地域の輪」をテーマに農家の経験を活かし、自宅や田畑を開放して子どもたちとその親に、考える力・生きる知恵を身につけてもらおうと、地域の仲間とともに活動している『伴 百円塾』の活動を発表した。

BACK NUMBER