ちゃぐりんふぇすたで夏休みの思い出づくり

2013年08月13日

おのみち・ちゃぐりんふぇすた3JA尾道市とJA女性部フレッシュミズは3日、尾道市で「ちゃぐりんふぇすた」を開いた。小学生12人が参加し、食や農について学んだ。収穫した夏野菜カレーを昼食で味わい、夏休みの宿題の工作も手がけた。
 同JAの農業塾で受講生が栽培した夏野菜の収穫や産直市「ええじゃん尾道」を見学。牛乳パックを再利用したミニバスケット作りにも挑戦した。昼食作りでは、フレッシュミズが児童に豚肉のフライの揚げ方や包丁の使い方などを教えていた。高須町から姉弟2人で参加した大本綾夏さん(8)は「自分で作ったカレーはおいしくて、苦手な野菜を食べることができた。家でも作りたい」と話した。
 JAと女性部が協力し、2012年から子育て支援や食農教育を目的に行っている。12月21日に「もふぇすた」を開く。

BACK NUMBER