JA広島県女性組織協議会

第57回JA県女性部大会

JA広島県女性組織協議会は2月26日、広島市で第57回JA広島県女性部大会を開いた。県内の女性部員ら約360人が参加。食の安全・安心や地域づくりを次世代へつなぐことを盛り込んだ大会宣言を誓い、環太平洋連携協定(TPP)に関する特別決議も採択した。協議会の松本治美会長は「これまでの地道な活動が成果を現してきている。女性部が意識統一し、このパワーを今後の活動へつなげていこう」と呼び掛けた。
 「部員一人ひと声かけ運動」の目標を達成したJA安芸女性部に表彰状を贈った。「東日本大震災たすけあい運動」として、JA広島市レディースクラブとJA広島ゆたか女性部、JA尾道市女性部、県女性協の取り組みも報告した。
 講演では、福島大学の小山良太准教授が原発事故により農産物に与えた風評被害の現状や今後の対策、協同組合間協同について説明。「食品安全検査体制も整っており、安心で安全な取り組みをしている。農家も自信を持って農業に励んでいる」と強調した。福島県から庄原市口和町へ避難移住し、夫と共に「牧場」と「チーズ工房」に励んでいる福元奈津さんが「中山間地と原発問題」と題して発表した。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

中央会と意見交換 県女性協

JA広島県女性組織協議会は19日、広島市内でJA広島中央会の役員と意見交換会を開いた。TPP交渉の行方や女性のJA運営参画などについて意見を交わした。女性部長ら14人が参加。意見交換では、女性参画が進む中、女性の正組合員、総代、理事としてどのような行動をすべきかを確認した。
 中央会の村上光雄会長は「総代、理事になったと言って背伸びをすることはない。自然体でJA運営へ参画してほしい」と期待した。

フレッシュミズがケーキ作りなどで県域交流

IMG_4008おのみち・フレミズ交流会JA広島県女性組織協議会フレッシュミズ部会は28日、JA尾道市東尾道経済事業本部でフレミズ交流会を開いた。6JAのフレミズ部員など約20人が参加し交流を深めた。
 交流会では、松本治美県女性協会長を講師にクリスマスケーキづくりやセラピストの松浦千枝子さんを招いた骨盤体操などを楽しんだ。交流会後には座談会を開き、日頃のフレミズ活動について松本会長を交え、部員の確保や活動内容などの意見を交換した。
 上田美幸フレミズ部会長は「興味深い体操や料理などで充実した内容だった。参加者はそれぞれの部会でこういう魅力ある活動を重ね、若い世代の参加を増やすきっかけにしてほしい」と話した。
 今回で4回目になる交流会は、年1回のマナー研修や食事会などを行い県域の仲間づくり活動を通して、フレミズ組織の活性化を図っている。今後は13JA(現在7JA)全てにフレミズ組織を立ち上げることを目指している。

広島県JA女性組織リーダー研修会

CIMG9943 CIMG9951JA広島県女性組織協議会は16日、広島市で広島県JA女性組織リーダー研修会を開いた。JA女性部員約170人が参加。学習会や講演を通じ、TPPが与える様々な影響や人が持っている潜在能力の可能性について学んだ。松本治美会長は「女性組織の新たな飛躍に繋がる方策や可能性について認識を深めよう」と呼び掛けた。
 講演では文芸アナリストの大金義昭氏が勇気を持って自分のできる新たな行動をすることが潜在能力を発揮することになり、組織や地域でも生かすことができると説明。大金氏は「JAとは地域を守る守護神だ。女性のパワーはJAにとって欠かせない存在となっている」と指摘した。
 学習会では、JA広島中央会農政営農部の上野信之課長が「TPPをめぐる情勢と今後の対応について」説明した

県代表に土鼻さん選ばれる

県代表に選ばれた土鼻さん JA広島県女性組織協議会は17日、広島市でJA女性組織活動体験発表会を開き、県代表にJA広島市レディースクラブの土鼻邦子さんが輝いた。活動の成果が他の組織の模範となり、発展性が期待されるなどが審査の決め手となった。
 県内女性部やJAから約240人が参加。県内女性部員11人が組織や地域の活性化に向けた活動を発表。土鼻さんは、2007年から支部を設立。支部活動では、ボランティア活動の他料理講習会や家の光記事活用、歴史散策など年間88回の活動を説明。会員は、自分の趣味や特技を生かして活動に参加しているため、会員132人中名前だけの会員がいないことは自慢であることも紹介した。「支店職員には、色々な活動に参加してもらうことで交流が深まり、支店広報紙に活動の紹介を取り上げてもらい理解に繋がっている」と話した。 
 土鼻さんは7月9、10日の両日、島根県で開かれる中四国地区JA女性組織リーダー研修会の体験発表会に出場する。

第56回JA広島県女性部大会

 TPP阻止を決議

【広島】JA広島県女性組織協議会は27日、広島市で第56回JA広島県女性部大会を開いた。県内の女性部員ら約350人が参加。次期3ヵ年計画を盛り込んだ大会宣言と、環太平洋連携協定(TPP)参加断固阻止を訴える特別決議を採択した。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「部員一人ひと声かけ運動」の目標を達成したJA広島中央女性部に表彰状を贈った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「東日本大震災たすけあい運動」として、2012年9月から12月に宮城・岩手の両県で支援活動を展開したJA三原女性部とJA広島市レディースクラブ、JA広島中央女性部の取り組み事例も報告。

協同の力を発揮し、仲間との絆を深めたことを示した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第55回全国家の光大会の広島県代表で体験発表したJA尾道市の竹谷京子さんが、「残したい伝統文化~3年目私たちの挑戦~」と題して発表した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

協議会の松本治美会長は「フレッシュミズを育成し、女性部活動へつなげていきましょう」と呼びかけた。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2013年2月28日 日本農業新聞 掲載

 

暖かく工夫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

被災地にフリース

厳しい寒さが続く東日本大震災の被災地に暖かさを届けようと、JA広島県女性組織協議会フレッシュミズ部会は29日、広島市で防寒具「ママが考えたフリース巻きまき」を100個作成した。体に巻いて寒さをしのぐもので、JAみやぎ女性組織協議会に届ける。部会の復興支援活動は今年で2年目。

 

部会は、無理なくできる被災地支援として、2011年度はJA岩手県女性組織協議会へ手作りの防寒具を贈った。活動を通じて、一度きりではなく継続して支援することが大切との思いが高まり、12年度も取り組むことにした。

 

宮城県に贈る「フリース巻きまき」は、フリース製のブランケットを半分に折り、その端と真ん中を縫ってひもを通して作った。フリースを体に巻き、ひもを結ぶことで保温効果が高まるという。それに使用説明とメッセージカードを添え、部員が一つ一つラッピングした。

 

考案した阿部美夏さんは「フリースを使い、簡単で暖かく、肩や膝、腰に使えるものは作れないかと考えた。家にフリースがあれば、作ってみてほしい」と話した。

詳しくは、こちらをご参照ください。